窓.png

LIXILサーモスA

結露しにくい

断熱空気層がある

​ペアサッシ

断熱・省エネ

フレームをスリム化し、熱のロスを低減。

 窓の断熱性を高めるためには、ガラスに比べて熱を通しやすいフレームの露出を少なくする必要があります。

​ そこでサーモスAは独自の技術により、フレームの極小化とガラス面積最大化を図り、断熱性能を向上させました。

 

樹脂アングルを採用し、結露発生を軽減。

 内装材と接するアングル部に、アルミに比べて熱を通しにくい樹脂材を採用。室内外の温度差によって発生する結露を軽減し、内装材の腐食を防いで、住宅の長寿命化に貢献します。

※建物の構造、お住まいの諸条件により得られる効果に違いがあります。

 

サーモスA フレーム断面.png

アルミアングル

サーモスA アングルイメージ アルミ.png

樹脂アングル

サーモスA アングルイメージ 樹脂.png

イメージです

冬、住まいの熱の約6割は窓から流出してしまう。

 住まいの中で熱の出入りが最も多いのが「窓」。そのため、室内の快適さをキープするためには、窓の断熱性を高めることが重要なポイントとなります。

 

サーモスA 熱欠損.png

出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会省エネルギー建材普及促進センター「省エネ建材で、快適な家、健康な家」

ガラスの空気層を拡大し、断熱性能を向上。

 従来品で12mmだった複層ガラスの空気層を、断熱効果を最大限に発揮する16mmに拡大。これにより、複層ガラスの断熱性能が従来品よりもアップし、ガラスから冷気が伝わることを抑制します。

 

サーモスA 空気層 従来アルミ窓.png

​従来品 アルミ窓

サーモスA 空気層 サーモスA.png

サーモスA

デザイン

サーモスA デザイン 引違い .jpg
サーモスA デザイン ドア.jpg
サーモスA デザイン 装飾窓1.jpg
サーモスA デザイン 装飾窓2.jpg

カラー

サーモスA デザイン カラー1.jpg
サーモスA デザイン カラー2.jpg
サーモスA シャッター1.jpg